家づくりのことなら工務店まで|満足できる暮らし

インテリア
  1. ホーム
  2. 話題を呼ぶ北欧生まれの家

話題を呼ぶ北欧生まれの家

インテリア

自然に知恵と工夫で対応

北欧住宅は、森林資源が豊富な北欧で生まれた、自然の恵みを最大限いかした家です。そのデザインは質素でシンプルなのが特徴で決して華やかさはありませんが、自然のぬくもりと力強さを同時に感じられるものとなっています。また、北欧は冬が厳しいことで知られています。そのため、冬でも快適に暮らせる工夫があちこちにされているのも北欧住宅の特徴です。例えば屋根は急にして、雪が滑り落ちやすくすることで建物を守る、太陽の恩恵を最大限受けるために窓を大きくし、十分採光できるようにする、などです。さらに北欧住宅は、寒い冬を乗り切るため、断熱性や気密性に優れたつくりになっていることにも注目です。壁、床、天井といった部分に高機能の断熱材を利用し、外気の室内への影響を最小限にします。また、気密性の高い壁、二重、三重構造のガラスで、冷気をシャットアウトしています。これらの工夫で、暖房の効率はよくなり省エネ効果も非常に高いです。そして、北欧住宅は基本的に2x4工法で建築されます。屋根や壁、床などの面で支える構造となっているため、特定の場所に負担がかかるようなことがありません。このことは揺れへの耐性を高めることにつながり、耐震性を持った安心の家にすることができます。2x4で用いられる木材は、水分が少ない乾燥材です。木材に大敵の湿気に強いのが特徴で、その分耐久性が上がっています。建物全体の寿命は長くなり、メンテナンスや建て替えなどのコストが節約でき、経済的です。